株式投資とFXの違いとは

FX投資対象は株式では企業に投資をしてFXは通貨に投資をします。株式は上場している企業の株を売買するものですが、FXは為替に投資をします。投資対象の数は、株式は上場している企業が対象なので約数千社になりますが、FXは各国の通貨が対象になるので約50程度となります。また、株は信用取引で最大3.3倍、FXはレバレッジで最大25倍の資金を運用できます。そのため、FXはかなり大きな資金を運用することができます。取引時間については株式が9時~15時の間(昼休みを除く)で、FXは平日の24時間になります。

また、利益を上げる方法については、株は「売買損益」、「配当金」、「株主優待」の3種類で、「売買損益」とは買った株の株価の値動きによって利益を得る方法で、「配当金」とは、会社の利益の一部を株主に還元してくれるので、一定の株を所有していれば配当されます。「配当金」の金額は「売買損益」とは違い基本的に変動はほとんどありません。「株主優待」とは、株を所有しているとその企業の商品やサービスなどの割引券などがもらえます。

また、FXで利益を上げる方法は、「売買損益」、「スワップ金利」です。売買損益は、価格の値動きによって収益を上げますが、例えば10米ドルを1000円で買ったとすると、それを1010円で売ればその差額である10円が収益になります。また、スワップ金利は2つの通貨を比較して、その金利差で収益を得る方法です。高金利の通貨を買って低金利の通貨を売ると、その差額が受け取れます。

株式投資におすすめの人

時計株式投資をするのにおすすめな人は、ある程度決まった時間だけで取引をしたい人です。株は平日の9時~15時までの間だけ取引を行うため、FXのように平日の24時間とは違います。夜の寝ている間に変動が起きるかもしれないと心配になるなら、株式投資の方が向いています。また、FXはどちらかというと短期トレードが中心になるので、中長期間で資産運用を考えているなら株式投資の方がおすすめです。

株式投資を始めるなら株マイスターがおすすめ

サポート株マイスターとは、日本の株式投資を専門にしたアナリストが、個人投資家などに投資に役立つ情報を伝えてくれて利益を上げられるようにアドバイスをしてくれるサイトです。例えば個人では収集が難しい各企業への調査や、所有銘柄の状況や資産の運用状況など、株マイスターに登録している会員の投資スタイルに合わせて有益な投資情報を提供してくれます。また、株式の投資経験が無い初心者でもしっかりとサポートしてくれます。もちろん、上級者に対しても情報力や分析力を元にして、的確な助言をしてくれます。